ひとりのじかん

ひとりのじかんを楽しく大切にして

宇宙船

 

(この記事は、よりみちが避妊手術する前に書いたものです よりみちはお腹が痛そうでおとなしいですが、ご飯は食べれています)

 

先日アマゾンでポチったキャットタワーは大変ご好評をいただき、ネコ2匹のテッペンとる攻防戦が連日繰り広げられている

 

f:id:hitori-jikan:20201118144751j:plain

ヒートアップすると、ハラハラする

 

よりみちはキャットタワーからのカーテンレール横断踏破し、これはキャットウォークも考えなければと思っている

キャットタワーの最上階には、別に購入した宇宙船という透明のプラスチックボール型ハンモックを取り付けた

 

最初は、みちくさもよりみちも怖がって、透明なボール部分に足を入れることはなく、ヘリを落ちないように避けて乗っていた

ある日足を踏み外したよりみちがボールの中に手足を入れてしまった ら、あら大丈夫

怖くないよとタオルを引いてあげて、みちくさの足を入れてやったら、あら大丈夫

 

f:id:hitori-jikan:20201118144929j:plain

最高の居心地 らしい

その日からテッペンとるだけでなく、透明ボールの陣地をどちらが早く取るかで揉め始めた

どちらかがボールに入っていると、後から来て追い出そうとする

危なかしくって仕方ないが、さすがそこはネコなので落ちてもちゃんと前足から着地していた

 

f:id:hitori-jikan:20201118145003j:plain

なんか用?

 

2匹ともステップを使いこなし、上手に登って降りることができるようになった

 

ただあまりに攻防戦が激しく、みちくさの体重でポールが倒れるんじゃないかと常に点検しているわたしである

 

 

 

避妊手術

 

今日はよりみちの避妊手術だった

昨日から「ごめんね〜がんばってね〜」と何度もよりみちを抱っこして言った

うっとうしかったかさっと腕からすり抜けて行った

 

当日朝は、絶食 お水も飲めない

よりちゃん、ちょっと鳴いて、

「ご飯は?」と聞いてきた

でもそのあとは、なにも言わずじっとしている

 

f:id:hitori-jikan:20201128192614j:imageどうしてご飯がもらえないのかな

 

みちくさの去勢手術の時は大変だった

ご飯?忘れてない?ご飯は?

とずっとまとわりついて鳴いていた

よりはおとなしい

 

f:id:hitori-jikan:20201128192520j:image喉が渇いた お鼻の湿り気がほしいの

 

でも喉が渇くのかお水を探していた

もちろん全部片付けている

洗面台の水の飛沫をなめていた

そのくらいはいいか

 

9時に病院に連れて行った

不安そうに鳴いている

「美人になったね〜」

病院の先生がびっくりしていた

 

さよならして、みちくさと義母に会いに行ってきた

義弟夫婦もおり、みちくさも楽しそうに部屋中を探検していた

 

午後は緑地にボランティア

自然薯掘りと、竹筒炊飯

とても美味しかった

 

帰ると、みちくさが寂しそうにニャアと鳴いた

よりみちを探しているのだ

わたしにまとわりついて甘える

寂しいんだね〜、今から迎えに行ってくるよ

 

病院に迎えに行くと、術後服を着ているよりみちがいた

ヨロヨロしている

まだ、鎮静剤が効いているので今夜は静かなところでゆっくりさせたほうが良いと言われる

 

「帰ろうね」

 

家に帰るとみちくさが喜んだ

飛んできて、キャリーケースに前足を入れる

「ゆっくりさせてあげようね」

みちくさが追い回すといけないので、もう少ししっかりしてから出して上げたほうがよさそう

 

f:id:hitori-jikan:20201128205429j:imageおかえり よりちゃん

 

よりちゃん、がんばったね

ゆっくり休んでね

 

ネコ扉

 

お仕事無事終わりました〜

後任の人に後はお願いしますと言って、そそくさと長が会議中に帰ってしまった

 

買い物の日なので,スーパーに行きたいし

しかし労働の後,しかも一つ仕上げた後は気分がいいな〜

 

ネコたちと遊んであげよう

このところ真っ暗になってからの帰宅だったので,帰ってからの歓迎ぶりがすごかった

もっともわたしの帰宅を喜んでいるわけじゃなく,ゴハンが帰って来たくらいのもんだけど

 

で、長く放っていたネコ扉のニャンガードを作ることにした

この扉は、玄関とリビングを仕切るもうひとつのドアになる予定

ひとつだと突破されてしまうので、さらにもうひとつドアをつけるのだ

 

ねこ工房 https://nekokobo.jp/tobira/

(かっこよく貼り付けたいけど、やり方がわからない)

 

オーダーメイドなんで、高かった

ポチるまで3ヶ月かかった 迷いに迷った 52800円

エンター押す人差し指がプルプルしちゃった

 

でもやっぱり、あればもっと安心ということで注文した

 

待つこと2ヶ月

オーダーメイドだからね

 

先週届いたのだが、置く所なくて玄関に立てかけておいたら、ネコたちに別の用途で使用された

 

f:id:hitori-jikan:20201127152511j:imageなるほどそうきたかと笑った

 

爪とぎとキャットタワー遊び

連日盛り上がっていた

ボロボロになって、中身が出てきそうになってきたので作ることにした

 

f:id:hitori-jikan:20201127152706j:image製作中 リビングいっぱいに広げる

 

キャットタワーを作るのにも大変だったDIY苦手なわたし

覚悟して頑張るしかない ネコたちは何事かと喜んで遊んでいる

わたしがテーブルの上に乗って柵を作っていると、なにを興奮したのかわたしの体を2匹が駆け上っていく

痛い痛い痛ーい!やぁめてくれ〜!わたしはキャットタワーじゃなーい!

太ももから胸までミミズ腫れが〜、痛いよ〜、大人しく遊んでくれ〜!

 

f:id:hitori-jikan:20201127154253j:imageできました!

 

キャットタワーの取説より(取説なかったよ、梱包内容だけだった)親切な取説があったので、1人で支えながら作るのは大変だったけど、迷うことなく作れた

ヒノキの香りがいい

 

コレでやっと正面玄関から堂々と出入りできる ウレシイ

食べ物の入った荷物を置ける

本人たちの前で、ゆっくりと靴紐も結べる(いつも紐で遊ばれてしまう)

ふっふっふっ柵越しに焦らしてやろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんといった3

 

さあ、無事に仕事も終えそうだと帰り支度をしていたら、なんと長からのダメ出しが出た

ほとんどが差し替えとなり、ほぼ1からのやり直しだ

 

f:id:hitori-jikan:20201126183737j:image農機具小屋への道

 

わたしは思い出した

そうだった

こういう人だった

完成間際のダメ出しからのどんでん返し

どっと疲れが出た

久しぶりでわたしも甘かった

 

昨日残業してまでがんばっていた後任の人に申し訳なかった

時間がないので、大急ぎでわたしが穴埋めをしてしまった

ほんとは覚えるためにも後任の人にして欲しかったけど、仕方ない

とりあえず長からの承認を得て、明日足りない写真を撮影して作り上げることにした

 

f:id:hitori-jikan:20201126183804j:image今日は海老カツ 630kcal 塩分3,6g

 

あああ、本当に面倒くさい人だ

 

でもランチがまた食べることができたので、まあ、いいか

 

 

 

 

 

ちゃんといった2

 

ちゃんと言ったのに、また呼び出されて仕事に行ってきた

やはりここの長は困った人だ

断れないわたしも困った人だ

 

確かに急がなければならない案件ではあったけど

わかっていたことでもあったんじゃないかな とか思いながら、ああ、まあ、いいやと行ってきた

 

ここの病院のレストランは、先日話した農園の野菜を積極的に使っている

ランチは消費税アップにも負けず、ワンコインという破格の安さ

毎日違うランチを提供している

これを食べるために、引き受けたと言っても過言ではない

 

f:id:hitori-jikan:20201125194745j:image味噌だれわらじトンカツ 771kcal 演舞3g 病院なので考えられた献立

 

仕事は後任の人があらかたやってくれそうで、よかった

彼の仕事を見ながら、施設の建物がライトアップされて綺麗だから見ていってくださいと同僚に勧められたので、日が暮れるのを待った

 

月明かりと建物の照明がとても落ち着いていて、天国に連れて行かれそうだった

トナカイが連れ立って、誘導してくれる

 

f:id:hitori-jikan:20201125202334j:image

f:id:hitori-jikan:20201125202015j:image月と幻想的なライトアップ

 

早く帰ってネコにご飯あげなくちゃ

農園

 

農園の手伝いに行ってきた

少し気温が下がってきて、前日の雨のせいで霧も出ていた

 

朝8時

長靴と雨ガッパ、ゴム手袋を着けて出発

車で10分くらいのところだ

以前田んぼだったところを畑にして、農園をしている

 

f:id:hitori-jikan:20201123195859j:plain

空気が最高に美味しい

 

元職場が管理している農園で、在職中に時々遊びに行っていた

空気がひんやりと澄んでいて、とても癒される

Yさんが農園の管理者で、あと3年でいよいよ70になるそうだ

まだ頑張るよと言っている

他にも2人作業者がいるが、彼がほとんど中心で動いている

驚異的な体力で、いつも感心していたし、頼りにしていた

 

お手伝いは、里芋の収穫と川で芋を洗うことだ

作付けが遅かったので葉があまり茂っていないようだったが、実りはバッチリだった

 

親芋から小芋をぽきんぽきんと外していく

あっという間にカゴでいっぱいになった

 

ネコを押して川へ移動

長靴も洗いながら、里芋をひとつひとつ洗っていく

 

f:id:hitori-jikan:20201123200015j:plain

病院や施設の食事に利用している

美味しそうだ 

 

赤芽芋、白芋それぞれお裾分けしてもらった

作業しているだけで楽しいのだが、いつもいただいてしまう

大根や白カブ、さつまいもももらっちゃった

 

f:id:hitori-jikan:20201123200107j:plain

さつまいもの掘り残しがあるからって ラッキー

 

有機農法なので虫が付きやすく、その除去と取り払った白菜の外葉を集めたり、できるお手伝いをした

 

雨ガッパが暑くなるほど動き、たくさんの報酬をいただいて昼前に帰った

 

 

カンレキ

 

ついに還暦を迎えた

60年・・生き延びている

これまでの人生できなかったこともあったけど、嫌なことも楽しいことも十分満喫している

退屈は全然していないな〜

 

f:id:hitori-jikan:20201123152344j:image長男から届いたシャンパ

 

体力が減ってきた分、踏ん張ったり、人を憎々しく思ったりする気力が減ってきた

な〜んかどうでもいい

 

f:id:hitori-jikan:20201123152454j:image友人から国産はちみつの詰め合わせ 

 

昨日は朝からメールからLINE、プレゼントが立て続けにきて幸せがはち切れんばかりだった

こんなにくるの初めてじゃないかな

仕事を辞めて、交友範囲が広がったり、近況報告で交友復活があったりして思った事をするという今年の目標の結果が出てきているんだと思う

ひとりの友人が、明るい波動を出し続けていたら、明るい波動が寄ってくるって言ってた

まさにそれかも

 

わたしはただ楽しいばかりなので、ありがたい事だ

 

f:id:hitori-jikan:20201123152657j:image息子たちから還暦祝い 他にもいろいろ ありがとう

 

違う友人からお祝いするからご飯食べに行かないかと誘われた

 

お祝いされに外食するなんて、何年ぶりだろう

夫が生きていた頃は、機会があればお祝いをしてもらったが、夫亡き後はないことだった

 

嬉しくて嬉しくて、ありがたい気持ちでいっぱいだった

 

f:id:hitori-jikan:20201123152758j:image「お福」の鬼瓦焼き 絶品!

 

食べた食べた

美味しくて、美味しくて楽しかった

幸せを満喫させてもらった

 

還暦を迎えたことでわたし自身は特別何も変わらないが、この日は忘れないと思う

周りの人たちに、こうやって支えてもらっていること

幸せをいただいていること

これからも感謝して生きていこう

 

来年のわたしの目標が決まった

 

ブログをはじめた当初から言っている「思った事をやる」ことだ

来年も同じだ

やりたい事は、結構今年やっちゃったな まだあるけど

 

ますます忙しそう♫